輸入車の板金塗装について 

 

Imported car repair

HOME | 板金塗装 | 輸入車の板金塗装

 

輸入車こそ、職人の経験や対応力、技術力が重要

 

弊社には購入後数週間、数か月で事故や自損での損傷にあった修理でお預かりすることも多いです。

 

部品の構成やパネルのプレスラインの変化もあります。

お客様から、たまに相談されるのが、修理後に雨漏りや、不具合がある場合はどうしたらいいかです。

 

その修理が保険を使用した修理な場合は、工場には適正価格の修理代で支払いされてるずなのに、その工場の適当な修理でお客様が無駄な修理代を払うことはぜひ避けていただきたいです。

 

 輸入車の板金塗装で1番のリスクは

部品が高額な為、ミスが許されないことにあると思います。

付属部品だけでも、国産車の数倍の価格です。取り外しの際の順番や工程を間違って無理をすると、部品の破損につながる事があります。最近では、部品点数も増えており、取り外すだけでもかなり慎重に取り行わなければなりません。

 

車の価値をできるだけ落としたくない。

修理した後にさらに価値を落とすケースも。

ぶつけてしまって、ただでさえ余計な出費であるのに損傷箇所や修理方法によっては、さらに価値を落とすことになるケースもございます。例えば、買い替えの時の査定では、板金塗装がきちんとできていない場合は、そのレベルによっては再修理が必要になる為、その分査定額が低くなります。

  

輸入車の板金塗装、事故での修理は、ディーラーに比べかなり安くなります。

 輸入車ディーラーでは交換と言われた損傷を板金で修理できる事が多くあります。

輸入車の新品のバンパー交換は、20万をゆっくり超えます。新品ドア交換は、1枚30万前後かかります。これが板金塗装で対応できれば、かなり金額が変わります。

 

工場の許認可も大切になりました。

許認可がない工場での修理は、法律違反となっています。

最近の車には、たくさんのセンサーやカメラがついています。修理の際は、こような部品を外して後、正規の位置に戻さないと、機能が正常に作動しない事もあるからです。

 
 
 

輸入車の修理代が高い要因は

 

一つ一つのパーツが高額です。

 

メーカーごとに違う特殊な構造のため作業時間や手間がかかるので工賃が高くなる。修理の際に必要な専用工具もメーカーごとに違ったりもします。そしてその専用工具が、高いです。

 
 

輸入車こそ、職人の経験や対応力、技術力が重要

 

弊社には購入後数週間、数か月で事故や自損での損傷にあった修理でお預かりすることも多いです。

 

部品の構成やパネルのプレスラインの変化もあります。

 

お客様から、たまに相談されるのが、修理後に雨漏りや、不具合がある場合はどうしたらいいかです。

 

その修理が保険を使用した修理な場合は、工場には適正価格の修理代で支払いされてるずなのに、その工場の適当な修理でお客様が無駄な修理代を払うことはぜひ避けていただきたいです。

 

 

輸入車でも安い部品はある?

 
輸入車の部品は高額で、ドアミラーだけでも10万以上することもあります。
 
部品は様々なルートから入手可能 です。
 

新品部品も国内在庫のあるものなら全て手配できます!

 
海外の提携企業があるので海外から取り寄せることも可能です。
 
もちろんリサイクル部品も対応します!
 
輸入車のリサイクル部品は確保が困難ですが様々なルートで日本全国検索します。