HOME | 保険での板金塗装修理 | 損をしない車両保険の使い方

損をしない車両保険の使い方


車両保険を使うか使わないかは難しい所

車同士の大事故はさておき、10万から20万円前後の板金塗装や修理の場合、車両保険を使うか使わないかは難しい所です。保険を使った場合と保険を使わなかった場合の3年間程の保険料を試算して両方の差額を確認します。
車の修理.comは、お客様が損をしないための交渉を全力でおこないます!保険代理店での資格取得、勤務経験があるスタッフが、事故や故障時の対応、人身事故時の保障内容、過失割合、修理金額などお客様をガッチリサポート。お客様が理解しやすいようにアドバイスをさせて頂きます。なんでもご相談ください。 例えば自損事故の場合、ある程度の修理金額にならないと単純に分割払いになるだけだったり、その後の保険料を計算するとトータルで保険料の支払いが多くなったりすることになるなど自動車保険を使用した場合の算出おこないアドバイスします。



弁護士費用特約の内容はご存知ですか?

 

100%被害者になったときに役立つ特約です。過失割合がお互いにあるときは弁護士を使うかどうかは保険会社の担当者が決めるようです。

便利な特約として会社によっては最初から保険に組み込まれているものもある「弁護士費用特約」。でもどんな時に役立つのか、理解しておられない方が多い特約の一つで、勘違いしておられることも多い弁護士費用特約。事故の経験がある方で相手との交渉が難航して保険会社から言われた方も、中にはいらっしゃるかもしれません。
 

全ての事故で示談交渉してくれるわけではありません。

昔は私もその経験がありますが、本当はもらい事故などで被害者が困った状況にならないための特約が「弁護士費用特約」なのです。
基本的に自動車保険に加入していれば、事故の際には自分の保険会社の担当者が相手方と示談交渉にあたってくれます。でも、全ての事故で示談交渉してくれるわけではありません。
 
 

追突された被害者は自分の保険を使って示談交渉することが基本的にできません。

後ろからの追突事故、駐車中や停車中など自動車が動いてない状態での事故では、追突された方に一切の非はなく、相手方の過失が100%となります。この時、追突された被害者は自分の保険を使って示談交渉することが基本的にできません。
 
自動車保険は基本的に事故相手の賠償に備えるためのものなので、相手への賠償が発生しない10対0の事故では、使いたくても使うことができないのです。
 

話しをするのは被害者本人になります。

自分が加入している保険会社が示談してくれないとなると、加害者側(加害者本人や保険会社)と話しをするのは被害者本人になります。
加害者側が誠意ある対応をしてくれたり、納得いく賠償金額を提示してくれれば問題はありませんが、いつもそうとは限らず、なかには示談自体を進めなかったり、非を認めなず被害者が泣き寝入りするケースもあります。
 

ノーカウント事故となるので翌年の等級には影響はでません。

弁護士費用特約を使った場合、保険の一部だから等級に影響があるんじゃないかと思っておられる方もいるかもしれませんが、ノーカウント事故となるので翌年の等級には影響はでません。
 

「弁護士費用特約」  

弁護士、司法書士、行政書士への報酬や訴訟(仲裁・和解)に要する費用300万円を限度に支払う。
 

加入しておけばメリットは大きいです。

一般的な保険会社では上記のような内容になります。また保険会社によっては交通事故だけでなく、日常生活の被害事故も補償してくれる会社もあるようです。歩行中の事故にも対応できたり、本人以外にも家族が補償対象になるなど、加入しておけばメリットは大きいです。


自動車保険のここが変わった!

 

2012年10月、自動車保険の保険料を決定する要素の一つであるノンフリート等級制度が、大手損保を中心に改定されています。

 
(ノンフリート等級とは、等級別に自動車保険の割引率・割増率が設定されていて、無事故を続けることで等級が上がり割引率が大きくなっていき、事故を起こすと等級が下がり割引率が下がる(割増率が上がる)ようになっています。 優良ドライバーの保険料を安く設定し、事故を頻繁に起こすドライバーの保険料を割高に設定することにより、モラルハザードを防止する非常に合理的な仕組みです。)
 

等級すえおき事故の廃止、1等級ダウン事故の新設

1)盗難、落書き
2)騒じょう、労働争議に伴う暴動行為や破壊行為
3)台風、竜巻、洪水、高潮
4)飛来、落下物との衝突
5)火災、爆発、窓ガラス破損(飛来、落下物以外の他物との衝突・接触は除く)
 

は、知らない方もいらっしゃいますが、以前は等級が下がりませんでした。

2012年の10月以降に加入したり、更新手続きされた方は1等級下がります。現在でも、2012年10月以前に加入していたり、2012年9月以前に更新手続きをされた方の中にはまだ適用外の方もいらっしゃいます。先日も、いたずらで傷を付けられたお車のお客様にお聞きするとよくわからないとおっしゃっておられましたが、保険会社に確認してもらったところ、等級が下がらず修理できるとのこと。あなたに聞いといて良かったとお客様には大変喜んで修理させて頂きました。


自動車保険選びの基本ポイント

 

自動車保険も勧められるままに契約してはいけません。

無駄がないか、足りない保証がないか確認することが大切です。過不足のない保証を準備する為に、自動車保険ほ基本を覚えておきましょう。
 

保障内容をきちんと点検

 

任意の自動車保険は、多くの保険会社から発売されています。

何種類もの保証がセットになり、その上でトータルの保険料が決まるわけですから、保険料全体としての金額が安いのが高いのかと言うことしか目に入らない可能性があります。
 
しかし中身をじっくり点検していくと、もしかしたら無駄な特約がついているかもしれません。反対に保証が足りないいかもしれません。必要な物と、そうで無い物をしっかりチェックして上で契約する必要があります。
 
まずは、「どんなときにいくらまで支払われるか」という保険の内容を把握する力を磨いていきましょう。
 
自動車保険に加入するには、いくつかの方法があります。多くに場合、損害補償の代理店経由や車を購入したディーラーから加入する人の割合も増えてきました。複数の保険会社から見積できることや、インターネット割引の存在など、使い勝手が良くなっています。
 
 自動車保険であっても、代理店の勧めるままに契約してはいけません。実機吏中身を確かめると、想像と違っていることもあるのです。
 

自動車保険の基本は4つ

 

実は性質の違う別々の4つの保険を組み合わせて成り立っているセット商品です。

自動車保険は、「トータルアシスト」「タフ」「大人の自動車保険」など商品名や、そのものずばり「○○の自動車保険」というネーミングで販売されています。一見、ひとつの保険だと考えがちですが、実は性質の違う別々の4つの保険を組み合わせて成り立っているセット商品です。これらの保険の組み合わせや保険金の上限、そして免責を設定することによって、簡単に保険料をコントロールすることが可能です。
 

自動車保険は次の4つの保証から成り立っています。

①相手への賠償(対人賠償保険・対物賠償保険)
②自分や家族の為の保証(人身傷害保険・搭乗者傷害保険・無保険車傷害保険)
③自分の車の保証(車両保険)
④特約(弁護士費用・事故、故障付随費用特約・個人賠償責任保険など)
 それぞれの詳細を見直してみましょう。