よくある質問

 

他のお客さまが、どのような悩みや疑問があるのか、それに対して何ができるかをわかりやすく記載。

 
弊社HPをご覧頂き有難うございます。
 
下記に掲載しておりますのは、いろんな質問をいただく中での一部となっております。

HOME | よくある質問

車を買って間もないけど、初めてぶつけたので、車のことや修理代の相場がまったく分かりません。

 

A.大丈夫です。まずはご相談ください!

お見積もりの際は、知識、経験が豊富な専門スタッフが対応。できるだけ専門用語を使わず、何のためにこの内容の修理が必要なのかをご説明します。
 
見積もりは、状況に応じて、ディーラーや大手修理工場がおこなう交換を中心とした修理する内容、中古部品を使用した内容、板金塗装修理して安く抑える内容など複数ご提案可能です。
 
もちろんお客様のご希望に合わせて、その際、車の年式や距離数、車の価値、今後の乗り方などからおすすめの修理方法を提案いたします。
 

 

修理日数はどれくらいかかるの?

A.おおよそ、1週間から10日前後を目処に見てもらえると助かります。

 
ディーラーと変わらない仕上がりをお約束しております。その為、必要な作業工程や、時間、材料が必要です。
 
中古部品を使用した修理では、他工場では同色のものでも塗装するところがほとんどです。弊社では確認後、お客様の要望により、入荷した部品を磨いて、できるだけキレイな状態にして、そのまま取付をすることもできます。

 

キズやへこみの修理をした後、色の違いでむらができてしまったり、あからさまにわかってしまうということはあるの?

A.はい、ありません。

弊社工場は、激安工場のように短期間での修理を行うために、作業工程を簡素化することはありません。
 
修理に必要な材料にも拘っておりますので、そのようなことはことはございません。
 

 

板金塗装での修理か交換というのはどうやって決めるの?

A、大きく分けると二つ考えられます。

 
部品交換での修理をした場合と、板金塗装などで修理した場合を比較したときにどちらが安く済むか、修理した後でその部品の性能が維持できているかが判断基準のなります。
 
交換といっても新品部品に限らず、例えば中古部品や、リサイクルパーツを使用した場合、修理期間も短く金額も修理した場合より安くなる時もあります。
 
弊社では他社では断られるような板金作業もカスタム車両を制作していた経験生かし、綺麗に修理できますが、それで高ければ意味がありません。
 
中古部品の同色で傷が少ないものがあり色ぶれが少ないものがあれば、磨いてそのまま使用し価格を抑えます。


 

リサイクルパーツ、中古部品、社外品などは使ってもらえるの?

A.はい、問題なく対応、全国から取り寄せできます。

 
お見積りの段階で、言っていただければ新品を使用した場合、中古部品などを使用した場合でのお見積りが両方出せます。
 
中古部品は、他社ではそのまま使用することはなく、塗装工程が入ります。中古部品が安くても、その部品自体の板金や塗装が必要になり、修理期間はその分長くなり、中古部品を使用するメリットが少なくなることもあります。
 
※弊社では、選別されたランクが高い中古部品しか取り扱っておりません。
 
中古部品を、そのまま使用できることで、塗装料金がかからず大幅な差額が出ることも可能になります。
 
修理か交換か微妙な場合は、最終的な金額を考えてどちらにメリットがあるか、デメリットは何かをお見積りの段階でご説明させて頂きます。

 

Q事故車、修復歴アリはどうやって決まるの?

A 外れるところは、交換しても事故車にはなりません。

 
車の骨格部位を交換したり、あるいは修復したものが該当するようです。
 
「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」 と日査協、公取協などの統一基準として定義されています。
 

 

何時まで鈑金塗装の相談や見積もりを受け付けてくれるの?

A.電話は8:30~20:00、LINEは24時間対応です。
 

まずはお気軽にご相談ください。
ご相談、見積もりは何回でも無料です。深夜や、早朝などの時間外の場合でも会社にいる場合もございますので、お電話してみてください。
 
事故で車が動かない、動かせない時は、ご連絡頂ければお客様がどうすればいいかをアドバイスします。
 

 

どのくらいで見積もりができるの?

A.最短15分で見積りが出せます。無料で画像見積もりをしています。お子様がいて自宅から動きにくい方、仕事が忙しく修理工場に行く時間がない方などに喜ばれています。
 
店舗や工場に来ていただければ即時対応できます。
 

 

見積りを頼むときにかかる費用はどういうもの?

A.お見積りだけでは費用は一切頂きません。

 
車が自走できない場合、お客様が加入している自動車保険に無料のロードサービスが無料でついてますのでそちらをご利用ください。
 
損傷が大きい場合は、お預かりしてお見積もりをするのですが、その際の代車も無料です。修理するまでは代金が発生することはありません。
 

 

見積もりをした後、依頼せずに断る際はキャンセル料はかかるの?

A.料金は、発生いたしません。


板金塗装などの修理のお見積りをしていただいた時点では、料金はかかりません。依頼して契約を交わしていない限り料金が発生することは一切ありませんのでご安心下さい。
 


 

輸入車でも修理、塗装できるの?

A.はい、問題なくきれいに仕上がります。 

輸入車などの高級車でも問題なく修理できます。
弊社工場は、元々輸入車ディーラーからの仕事の依頼を長年受けていたこともあり、さまざまな輸入車の修理に対応しております。
過失がない事故、保険の代車特約などででるレンタカーもご用意できます。
 

 

事故を起こした後、保険の流れとは?

事故を起こしてしまった時には、慌てずに車を安全な所へ移動して、自分も安全な所へ避難。

 
けが人がいる場合は、けが人の救護が最優先です。

  • 警察へ電話で報告
    警察へ届出をしないと違反
    契約している保険会社へ連絡

保険証番号、常に証券の控えなどを車のダッシュボードの中に。


 

早めにご相談いただいた方がご案内できる内容が多いです。

 
事故の状況、車の損傷具合、自力走行ができるかどうかなど、かなり細かく確認事項があります。

怪我をした場合の医療費、現場からタクシーで帰った時の交通費、車の修理代なども保障されますが、契約によって金額の上限・加減があるので注意が必要です。

事故の内容や状況によっては、保険会社から事故担当が現場に駆けつけている場合もあります。

相手が車の場合、事故の過失の割合によって、それぞれの保険の支払い割合も決まるため、スムーズに事故後の処理を進めるためにも必ず相手側とのやり取りは保険会社を通すようにしましょう。

 
 
 たくさんのお客様にご利用いただいてます^-^