事故車にしない為の知識

 

どれだけキレイに直っていたとしても、知らないうちに事故車扱いになってる事もしばしば。単純に修理したから、事故車扱いになるということではありません。

HOME | 事故車にしない為の知識

事故車(修復歴車)とは

 

ぶつけたり、事故した車の全てを指すわけではありません。

 
例えば、保険を使用した修理で新車のようにきれいに直っていたとしても、事故車扱いになってることもあります。
 
お客様が知らないうちに事故車になってることがあるというのが、現実です。そうならないために少し解説させていただきたいと思います。

事故車にはどうしたらなる?

 

車の骨格部位を交換したり、あるいは修復したものが該当します。

 

「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」 と日査協、公取協などの統一基準として定義されています。


参照元

一般財団法人日本自動車査定協会
一般社団法人公正取引協議会

どこを修理、交換すると事故車になるのか

 

以下の部位を交換したり、あるいは修復(修正・補修)したもの。

 

(1) フレーム (サイドメンバー)
(2) クロスメンバー
(3) インサイドパネル
(4) ピラー
(5) ダッシュパネル
(6) ルーフパネル
(7) フロア
(8) トランクフロア

(1)から(8)の骨格部位に1箇所でも損傷があるもの又は修復されているもの。

交換しても事故車にならないパーツ

 
1)バンパー
2)ボンネット
3)ドア
4)フロントフェンダー
 
などの、ネジ止め部位(部分)は骨格にはならないので交換しても事故車にはならない。

 

その修理で事故車になるかも

事故車にしない職人の技術と工夫

上記の画像のように、リアドアからフェンダーにかけて大きなキズへこみの修理で保険を使用した修理の場合、ディーラーや普通の工場ではリアドア、リアフェンダーともに交換での修理となります。
 
それでキレイになることはもちろんなのですが、ただリアフェンダーを交換(切替)していまうと、事故車扱いになり、車の価値がグンっと下がります。
 
交換しなくても、修理できる場合も多々あります。クオリティの高い仕上がりが提供できるのは、厚生労働省1級塗装技能士、2級整備士がいる工場だからです。

事故車扱いにならない修理例

 

VOLVO S60
損傷箇所

 
リアドア、リアフェンダー、サイドステップ、リアバンパー
 

修理内容

リアドア 板金
付属品脱着
ガラスモール
アウターハンドル
サイドステップ 板金
リアフェンダー 板金
リアバンパー 脱着/修理
テールランプ 脱着
 
リアフェンダーを板金としておりますが、このお車の所有者の方は、ディーラーとは別に3社ほど見積りをとったそうです。ですが、リアフェンダーの交換で見積もりが出たそうです。
 
リアフェンダーを交換(切り替え)するということは、ボディパネルを切り取りそこに新しくパネルを溶接して取り付ける作業を行いますので、事故車扱いとなります。
 
板金塗装での修理も、ただ修理すればいいというわけではなく、ボディーラインだったり、プレスラインをきちんと出さないとおかしくなります。
 
そして、無理やりパテを厚く当てて見た目をどうにかできたとしても、いっときもすればパテが割れたり、痩せたりして波うったりして、普通の方が見てもわかるような変形が起きることもあります。
 

事故車扱いにならない修理例2

 

MAZDA RX-7

損傷箇所
リアクオーター
 

修理内容

リアクオーター 板金
付属品脱着
リアバンパー 脱着/修理
テールランプ 脱着
 
リアクオーターを板金としておりますが、このお車の所有者の方は、大分の方でした。何社か見積りをとったとのことですが、リアクオーターの交換で見積もりが出たそうです。
 
リアクオーターを交換(切り替え)するということは、ボディパネルを切り取りそこに新しくパネルを溶接して取り付ける作業を行いますので、事故車扱いとなります。
 
板金塗装での修理の場合、ただ修理すればいいというわけではなく、ボディーラインだったり、プレスラインをきちんと出さないとおかしくなります。
 
そして、無理やりパテを厚く当てて見た目をどうにかできたとしても、いっときもすればパテが割れたり、痩せたりして波打ったりして、普通の方が見てもわかるような変形が起きることもあります。
 
RX-7のリアクオーターでの注意点があって、リアクオーターの下の方は、少し波うったような特殊な塗装がしてあります。意外とこの塗装ができる工場は少なかったりします。