板金塗装とは

 

車の板金塗装は、わからないことだらけ。専門用語は多くなりますが、できるだけわかりやすく記載。

HOME | 板金塗装とは

板金塗装とは

 


 

塗装作業まで含めて元どおりに修復すること。

 
自動車のボディに発生した凹凸や傷、破損箇所などを、塗装作業まで含めて元どおりに修復すること。この場合の塗装の作業手順(内容)としては、下地塗りとしてのプライマー、サンディング、そして中塗り、上塗りが行われるのが一般的です。
 


 

 板金は、大きく3つに分かれる。

 
板金には大きく分けて、外に付いてるパネルを修正する事を 外板板金、中の骨格にあたる部分を修正する事をフレーム修正(内板骨格修正・ボデー修正)、変形の激しいパネルを交換することを取替え作業と言います。
 


 

鈑金作業はおおまかに「形を整える作業」を指す。

 
板金ハンマーと当て板を使用するハンマリングによる板金が代表的なものになるが、スタッド溶接機を使用するものや盛り半田を使用するものなど、その方法は多岐にわたる。また、ボディパーツの部品交換作業や塗装作業に伴う部品の脱着作業も板金の一部として扱われる場合が多いです。
 


 

塗装作業はおおまかに「色と表面を整える作業」を指す。

 
板金によって整えられたボディパーツや新品に交換されるボディーパーツに対し、吹きつけ等の塗装を行うことにより、元の状態に近い装飾を行う作業である。
 


 

鈑金塗装専門工場で行われる。

 
また板金塗装の中には、骨格部に及ぶ車そのものが曲がった等の大きな損傷の修理が行われます。こういった作業は、内製工場のないディーラーやクイック補修サービスではできず、鈑金塗装専門工場で行われる事が多いです。